研究者データベース

猪熊 作巳
英文学科
准教授
Last Updated :2018/12/28

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    猪熊 作巳, イノクマ サクミ

学歴・留学歴

  • 1998年04月, 2003年03月, 東京外国語大学, 外国語学部, 欧米第一課程英語専攻
  • 2003年04月, 2005年03月, 修士課程, 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 欧米系文化研究専攻
  • 2005年04月, 2011年03月, 博士課程, 東京大学大学院, 人文社会系研究科, 欧米系文化研究専攻

学位

  • 修士(文学)

セルフプロモーション

研究分野

  • 英語学

研究・創作

論文

  • Acquisition of Recursive Possessives and Locatives within DPs in Japanese, 2017年, BUCLD 41: Proceedings of the 41st annual Boston University Conference on Language Development, 626 - 636
  • 日本語名詞表現の形態統語的性質に関する覚書 : 人称素性の側面から, 2016年03月, 実践英文学 = Journal of Jissen English Department, 68, 91 - 116
  • 再帰的場所表現の獲得について, 2015年03月, 実践英文学, 67, 31 - 52
  • On the Acquisition of Recursive Locative PPs, 2015年03月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 30, 91 - 104
  • コトバの種特有性 : 現代理論言語学の射程, 2014年03月, 実践英文学, 66, 33 - 64
  • INTRODUCTION: DISTRIBUTION OF NOMINAL ELEMENTS ACROSS CATEGORIES AND THEIR INTERPRETATION, 2013年, EL, 30, 1, 216 - 222
  • DISTRIBUTION OF PHI-FEATURES WITHIN DPS AND THE ACTIVITY CONDITION, 2013年, EL, 30, 1, 292 - 312
  • Redundant Hito, Polite Kata, and Derogative Yatsu in Japanese : Human-Denoting Light Nouns as a Window into Noun Phrase Structure, 2012年12月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 28, 75 - 110
  • Syntax of Personal Pronouns and Proper Names, and the Notion of Direct Reference, 2011年12月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 27, 63 - 71
  • 固有名詞の統語構造と解釈様式, 2010年06月, 猪熊作巳, 『第140回日本言語学会予稿集』(日本言語学会), 62 - 67
  • So-Called Pronoun-Noun Construction in Japanese : A New Perspective on Nominal Syntax, 2009年07月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 25, 31 - 42
  • 日本語のいわゆる「代名詞?名詞」構造と(代)名詞句の内部構造について, 2009年06月, 猪熊作巳, 『第138回日本言語学会予稿集』(日本言語学会), 48 - 53
  • N-no Hito and the Syntax of Japanese Nominal Phrases, 2008年07月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 24, 13 - 27
  • THE INTERPRETATION OF PRO AND C0-BINDING, 2008年, EL, 25, 1, 127 - 138
  • コントローラー決定における「主語依存性」とC0束縛, 2008年, KLS 28: Proceedings of the Thirty-Second Annual Meeting, 88 - 97
  • Some Thoughts on Feature-Inheritance and Case, 2007年07月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 23, 67 - 73
  • Syntax of Free Relatives and the Matching Phenomenon : A Preliminary Study, 2006年06月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 22, 57 - 80
  • ""Subject-Sensitivity"" in Controller Choice, 2005年07月, Linguistic research : working papers in English linguistics, 21, 1 - 22

著書等出版物

  • 『プログレッシブ英和中辞典(第5版)』, 2012年02月, 猪熊作巳, 小学館
  • 名詞的要素の範疇縦断的・横断的な分布と解釈, 2011年11月, 猪熊作巳, 日本英語学会第29回大会(新潟大学)
  • 『博士課程教育の未来―「学究の徒」の育成に向けて―』, 2009年12月, 猪熊作巳, 東京大学大学院英語英米文学研究室, 1 - 6

講演・発表

  • Recursive Relative Clauses in Child Japanese, 2016年11月, M. Nakajima, M. Isobe, R. Okabe, A. Terunuma, S. Inokuma, S. Inada, T. Nakato, Workshop on the Acquisition of Recursion, Bucharest University
  • Acquisition of recursive possessives and locatives within DPs in Japanese, 2016年11月, A. Terunuma, T. Nakato, M. Isobe, M. Nakajima, R. Okabe, S. Inada, S. Inokuma, BUCLD (Boston University Conference on Language Development) 41, Boston University
  • 「構造の再帰性」に関する構文横断的獲得研究―子どもの日本語における所有句・場所句・関係節の再帰性, 2015年11月, 中戸照恵, 照沼阿貴子, 磯部美和, 岡部玲子, 中島基樹, 猪熊作巳, 稲田俊一郎, 日本言語学会第151回大会, 名古屋大学
  • Multiple No’s in Japanese: Is Recursion Difficult for Children?, 2014年11月, M. Nakajima, A. Terunuma, R. Okabe, M. Isobe, S. Inada, S. Inokuma, T. Nakato, Workshop on Recursion, University of Massachusetts Amherst
  • ことばを比べる?現代理論言語学の射程?, 2013年09月, 猪熊作巳, 2013年度実践英文学会, 実践女子大学
  • On the (In)completeness of Phi-Features and Phi-Agreement: Another Characterization of Agreement Restrictions?, 2012年09月, 猪熊作巳, 2012年度東京大学英語学研究会研究発表会, 東京大学
  • DP内部におけるφ素性の分布と活発性条件, 2011年11月, 猪熊作巳, 日本英語学会第29回大会, 新潟大学
  • 固有名詞の統語構造と解釈様式, 2010年06月, 猪熊作巳, 第140回日本言語学会大会, 筑波大学
  • So-Called Pronoun- Noun Construction in Japanese, 2009年07月, 猪熊作巳, 2009年度東京大学英語学研究会研究発表会, 東京大学
  • 日本語のいわゆる「代名詞?名詞」構造と(代)名詞句の内部構造について, 2009年06月, 猪熊作巳, 第138回日本言語学会大会, 神田外語大学
  • Subject Sensitivity in Controller Choice and C0-Binding, 2007年06月, 猪熊作巳, 第32回関西言語学会, 同志社大学
  • Subject Sensitivity in Controller Choice, 2005年09月, 猪熊作巳, 2005年度東京大学英語学研究会研究発表会, 東京大学

競争的資金

  • 名詞句構造の通言語的研究, 日本学術振興会, 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)
  • 日本語における再帰性―関係節・場所句の統語分析と獲得, 日本学術振興会, 日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C)

教育・学生指導

教育方法の実践例

  • 2011年04月 - 2013年03月, 討論の構成を意識した英語読解と意見発表訓練
  • 2010年04月 - 2013年03月, Graded Readersを用いた多読・楽読活動
  • 2009年10月, コメントシート記入を介したフィードバック
  • 2009年04月 - 2013年03月, 音読の重視と自然な抑揚への意識付け
  • 2008年04月 - 2013年03月, ポッドキャストによる聞き取り訓練と自習促進
  • 2008年04月 - 2013年03月, VOAを用いた聞き取り訓練
  • 2007年04月, 実際の用法を意識したボキャブラリー養成

学外活動

学協会活動

  • 2015年10月01日, 日本霊長類学会
  • 2009年02月01日, 日本言語学会
  • 2007年02月01日 - 2010年03月01日, 関西言語学会
  • 2006年04月01日, 日本英語学会
  • 2003年04月01日, 東京大学英語学研究会

学外委員等活動

  • 2013年04月, 機関誌 Linguistic Research 外部査読委員, 東京大学英語学研究会
  • 2013年04月 - 2013年04月, 6th International Spring Forum 2013 開催校協力委員, 日本英語学会
  • 2005年04月 - 2011年03月, 機関誌 Linguistic Research 編集委員, 東京大学英語学研究会