研究者データベース

山﨑 壮
食生活科学科
教授
Last Updated :2018/12/28

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    山﨑 壮, ヤマザキ タケシ

学歴・留学歴

  • 1978年03月, 東京大学, 薬学部, 薬学科
  • 1978年04月, 1980年03月, 修士課程, 東京大学大学院, 薬学系研究科, 生命薬学専攻課程
  • 1980年04月, 1983年03月, 博士課程, 東京大学大学院, 薬学系研究科, 生命薬学専攻課程
  • 1974年04月, 東京大学, 教養学部, 理科二類

学位

  • 博士(薬学)
  • 修士(薬学)

研究・創作

論文

  • 改良ジエチルジチオアセタール化法による増粘多糖類構成糖の分析, 2011年04月, 秋山卓美山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 52, 40 - 46
  • Application of 1H-NMR spectroscopy to validation of berberine alkaloid reagents and to chemical evaluation of Coptidis Rhizoma., 2011年04月, Hasada, K., Yoshida, T., Yamazaki, T., Sugimoto, N., Nishimura, T., Nagatsu, A., Mizukami, H., Journal of Natural Medicines, 64, 262 - 267
  • 既存添加物クワ抽出物の成分組成に基づく基原植物の検討, 2011年04月, 多田敦子石附京子小山朗夫深井俊夫秋山卓美山崎壮河村葉子, 食品衛生学雑誌, 52, 258 - 264
  • Quantitative dertermination of atractylon in Atractylodis Rhizoma and Atractylodis Lanceae Rhizoma by 1H-NMR spectrometry, 2010年04月, Hasada, K., Yoshida, T., Yamazaki, T., Sugimoto, N., Nishimura, T., Nagatsu, A., Mizukami, H., Journal of Natural Medicines, 64, 161 - 166
  • 既存添加物ドクダミ抽出物の品質評価, 2010年04月, 石附京子,多田敦子,杉本直樹,松本清,受田浩之,松藤 寛,山崎壮,河村葉子, 日本食品化学学会誌, 17, 192 - 197
  • TLCとGC/MSを用いたテルペノイド系ガムベースの識別法, 2010年04月, 秋山卓美林歩美山崎壮多田敦子杉本直樹尹永淑功刀彰棚元憲一河村葉子, 食品衛生学雑誌, 51, 264 - 271
  • SDS-PAGEによる既存添加物酵素のタンパク質分離パターン, 2010年04月, 秋山卓美,佐々木亮,山崎壮,棚元憲一,山形一雄,河村葉子, 日本食品化学学会誌, 17, 88 - 95
  • 定量NMRを用いたダッタンソバ乾麺中のクエルセチンの迅速定量, 2010年04月, 杉本直樹,多田敦子,末松孝子,有福和紀,齋藤剛,井原俊英,吉田雄一,田原麻衣子,久保田領志,清水久美子,山崎壮,河村葉子,西村哲治, 日本食品化学学会誌, 17, 179 - 184
  • 定量NMRを用いたコチニール色素中のカルミン酸の絶対定量, 2010年04月, 杉本直樹多田敦子末松孝子有福和紀齋藤剛井原俊英吉田雄一久保田領志田原麻衣子清水久美子伊藤澄夫山崎壮河村葉子西村哲治, 食品衛生学雑誌, 51, 19 - 27
  • 定量NMRに基づく既存添加物中のクエルセチンおよびクエルセチン配糖体の絶対定量, 2010年04月, 多田敦子高橋加奈杉本直樹末松孝子有福和紀齋藤剛井原俊英吉田雄一石附京子西村哲治山崎壮河村葉子, 食品衛生学雑誌, 51, 205 - 212
  • Marker constituents of the natural antioxidant Eucalyptus leaf extract for the evaluation of food additives, 2009年04月, Amakura, Y., Yoshimura, M., Sugimoto,N., Yamazaki, T., Yoshida, T., Biosci. Biotechnol. Biochem. 73, 1060 - 1065
  • 抗酸化物質の2成分混合系におけるDPPHラジカル消去活性, 2009年04月, 松藤 寛,佐々怜一郎,本間友輝,宮島拓臣,千野誠,山崎壮,島村智子,受田浩之,松井利郎,松本清,山形一雄, 日本食品科学工学会誌, 56, 129 - 136
  • qNMRに基づく有機リン系農薬イソキサチオンオキソンの品質管理, 2009年04月, 田原麻衣子,杉本直樹,末松孝子,有福和紀,齋藤剛,井原俊英,吉田雄一,多田敦子,久保田領志,清水久美子,山崎壮,棚元憲一,中澤裕之,西村哲治, 日本食品化学学会誌, 16, 29 - 33
  • 既存添加物オゾケライトの成分調査, 2009年04月, 多田敦子,杉本直樹,古庄紀子,石附京子,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会誌, 16, 92 - 96
  • 既存添加物苦味料ジャマイカカッシア抽出物の成分組成に基づく基原植物の検討, 2008年04月, 多田敦子杉本直樹佐藤恭子秋山卓美麻野間正晴尹永淑山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 50, 16 - 21
  • Neocrocin A: a novel crocetin glycoside with a unique system for binding sugars isolated from gardenia yellow, 2007年04月, Uekusa, Y., Sugimoto, N., Young Sook Yun, Y.-S., Sato, K., Kunugi, A., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Chem. Pharm. Bull., 55, 1643 - 1630
  • 天然保存料カワラヨモギ抽出物の有効成分の確認, 2007年04月, 杉本直樹多田敦子山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 48, 106 - 111
  • 既存添加物エステル系ガムベースの成分分析, 2007年04月, 多田敦子増田愛乃杉本直樹山形一雄山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 48, 179 - 185
  • Quantitative nuclear magnetic resonance spectroscopic determination of the oxyethylene group contents of polysorbates, 2007年04月, Sugimoto, N., Koike, R., Furusho, N., Tanno, M., Yomota, C., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Food Add. Contam., 24, 799 - 806
  • グレープフルーツ種子抽出物および配合製品中の合成殺菌剤の調査, 2007年04月, 杉本直樹多田敦子黒柳正典米田祐子尹永淑功刀彰佐藤恭子山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 49, 56 - 62
  • 酸化防止剤力価評価のための各種抗酸化活性測定法の共同試験, 2007年04月, 島村智子, 松浦理太郎, 徳田貴志, 杉本直樹, 山崎壮, 松藤寛, 松井利郎, 松本清, 受田浩之, 食品科学工学会誌, 54, 482 - 487
  • The effects of retentivity in footpads on evaluation of the antigenicity of water-soluble substances by PLNA, 2006年04月, M.H.Nagaoka, T.Yamazaki, T.Nishimura, T.Maitani, Jpn. J. Food Chem. (日本食品化学会誌), 13, 109 - 113
  • Application of liquid chromatography-nuclear magnetic resonance spectroscopy for the identification of ethyldimethylpyrazine, a food flavoring agent, 2006年04月, Sugimoto, N., Yomota, C., Furusho, N., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Food Add. Contam., 23, 1253 - 1259
  • Application of the poploteal lymph node assay (PLNA) for evaluation of the antigenicity of water-soluble food colors, 2006年04月, M.H.Nagaoka, T.Yamazaki, T.Nishimura, T.Maitani, Jpn. J. Food Chem. (日本食品化学会誌), 13, 6 - 10
  • Antigenic evaluation of natural food colors (cochineal extract, lac color, and their coloring compounds) using popliteal lymph node assay, 2006年04月, M.H.Nagaoka, T.Yamazaki, T.Nishimura, T.Maitani, Jpn. J. Food Chem. (日本食品化学会誌), 14, 51 - 55
  • Identification of the Main Constituents in Sandarac Resin, a Natural Gum Base, 2006年04月, Sugimoto, N., Kuroyanagi, M., Kato, T., Sato, K., Tada, A., Yamazaki, T., Tanamoto, K., J. Food Hyg. Soc. Japan(食品衛生学雑誌), 47, 76 - 79
  • 既存添加物ウルシロウの成分分析, 2006年04月, 金哲龍多田敦子杉本直樹佐藤恭子増田愛乃山形一雄山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 47, 167 - 172
  • 天然増粘安定剤キダチアロエ抽出物の確認試験法の確立, 2005年04月, 磯朝枝, 杉本直樹, 佐藤恭子, 山崎壮, 石橋邦子, 潮見重毅, 棚元憲一, 日本食品化学学会誌, 12, 23 - 27
  • 天然着色料魚鱗泊の構成成分, 2005年04月, 金 哲龍, 多田敦子, 杉本直樹, 佐藤恭子, 山崎 壮, 棚元憲一, 日本食品化学学会誌, 12, 85 - 87
  • Analysis of the Constituents in Jojoba Wax Used as a Food Additive by LC/MS/MS, 2005年04月, Atsuko Tada, Zhe-Long Jin, Naoki Sugimoto, Kyoko Sato, Takeshi Yamazaki, Ken-ichi Tanamoto, J. Food Hyg. Soc. Japan(食品衛生学雑誌), 46, 198 - 204
  • Propagation of a protease-resistant form of prion protein in long-term cultured human glioblastoma cell line T98G, 2004年04月, Kikuchi, Y., Kakeya, T., Sakai, A., Takatori, K., Nakamura, N., Matsuda, H., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Sawada, J., J. General Virology, 85, 3449 - 3457
  • Analysis of absinthin in absinth extract bittering agent, 2004年04月, Yashiro, T., Sugimoto, N., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., 日本食品化学学会誌, 11, 86 - 90
  • 天然苦味料ジャマイカカッシア抽出物の成分分析天然苦味料ジャマイカカッシア抽出物の成分分析, 2003年04月, 杉本直樹佐藤恭子山崎壮棚元憲一, 食品衛生学雑誌, 44, 328 - 331
  • Structure Determination of Minor Red Pigment in Carthamus Red Colorant Isolated by Preparative LC/MS, 2003年04月, Sato, K., Sugimoto, N., Ohta, M., Yamazaki, T., Maitani, T., Tanamoto, K., Food Add. Contam., 20, 1015 - 1022
  • Production of unnatural glucosides of curcumin with drastically enhanced water solubility by cell suspension cultures of Catharanthus roseus, 2003年04月, Kaminaga, Y, Nagatsu, A, Akiyama, T., Sugimoto, N., Yamazaki, T., Maitani, T., Mizukami, H., FEBS Lett., 555, 311 - 316
  • Analysis of Rubusoside and Related Compounds in Tenryoucha Extract Sweetener, 2002年04月, N. Sigimoto, K. Sato, H. Liu, H. Kikuchi, T. Yamazaki, and T. Maitani, J. Food Hyg. Soc. Japan(食品衛生学雑誌), 43, 250 - 253
  • 競合的ELISAによる食品試料中のプリオン蛋白質検出に関する検討, 2002年04月, 武木田薫菊池裕山崎壮掛谷知志高鳥浩介棚元憲一澤田純一谷村顕雄, 食品衛生学雑誌, 43, 173 - 177
  • 輸入アップルシロップ製品中の耐酸性コチニールの同定, 2002年04月, 川崎洋子杉本直樹佐藤恭子山崎壮石綿肇米谷民雄, 食品衛生学雑誌, 43, 191 - 195
  • Quantitative analysis of prion protein by immunoblotting, 2002年04月, K. Takekida, Y. Kikuchi, T. Yamazaki, M. Horiuchi, T. Kakeya, M. Shinagawa, K. Takatori, A. Tanimura, K. Tanamoto, and J. Sawada, J. Health Sci., 48, 288 - 291
  • Structure of acid-stable carmine, 2002年04月, N. Sugimoto, Y. Kawasaki, K. Sato, H. Aoki, T. Ichi, T. Koda, T. Yamazaki, and T. Maiani, J. Food Hyg. Soc. Japan(食品衛生学雑誌), 43, 18 - 23
  • G1-dependent prion protein expression in human glioblastoma cell line T98G, 2002年04月, Y. Kikuchi, T. Kakeya, T. Yamazaki, K. Takekida, N. Nakamura, H. Matsuda, K. Takatori, A. Tanimura, K. Tanamoto, and J. Sawada, Biol. Pharm. Bull., 25, 728 - 733
  • 天然添加物ホコッシ抽出物の含有成分と食品中の分析法, 2002年04月, 千野誠佐藤恭子山崎壮米谷民雄, 食品衛生学雑誌, 43, 352 - 355
  • Specific determination of bromate in bread by ion chromatography with ICP-MS, 2002年04月, T. Akiyama, M. Yamanaka, Y. Date, H. Kubota, M. H. Nagaoka, Y. Kawasaki, T. Yamazaki, C. Yomota, and T. Maitani, J. Food Hyg. Soc. Japan(食品衛生学雑誌), 43, 348 - 351
  • Polyphenolic constituents from leaves of Rubus suavissimus, 2001年04月, N. Sugimoto, H. Kikuchi, T. Yamazaki, T. Maitani, Nat. Med., 55, 219
  • Developmental expression of opioid-binding cell adhesion molecule (OBCAM) in rat brain, 2000年04月, Hachisuka, A., Nakajima, O., Yamazaki, T., Sawada, J., Brain Res. Dev Brain Res., 122, 183 - 191
  • Role of ecto-kinase in phorbol ester-enhanced growth hormone-binding protein release from human IM-9 cells, 1999年04月, Saito, Y., Takagi, K., Teshima, R., Ikebuchi, H., Yamazaki, T., Sawada, J., Mol Cell Endocrinol., 152, 65 - 72
  • Localization of opioid-binding cell adhesion molecule (OBCAM) in adult rat brain, 1999年04月, Hachisuka, A., Nakajima, O., Yamazaki, T., Sawada, J., Brain Res., 842, 482 - 486
  • Activation of protein kinase C alpha enhances human growth hormone-binding protein release, 1998年04月, Saito, Y., Teshima, R., Takagi, K., Ikebuchi, H., Yamazaki, T., Sawada, J., Mol Cell Endocrinol., 146, 197 - 205
  • Expression of opioid-binding cell adhesion molecule (OBCAM) and neurotrimin (NTM) in E. coli and their reactivity with monoclonal anti-OBCAM antibody, 1997年04月, Nakajima, O., Hachisuka, A., Takagi, K., Yamazaki, T., Ikebuchi, H., Sawada, J., Neuroreport, 8, 3005 - 3008
  • Characterization and tissue distribution of opioid- binding cell adhesion molecule (OBCAM) using monoclonal antibodies, 1996年04月, A.Hachisuka, T.Yamazaki, J.Sawada, T.Terao:, Neurochem. Int., 28, 373 - 379
  • Release of a soluble form of growth hormone receptors (growth hormone-binding proteins) from human IM-9 cells by proteolytic cleavage, 1995年04月, Y.Saito, H.Ikebuchi, T.Yamazaki, J.Sawada, J. Biochem., 118, 512 - 525
  • Ligand-induced internalization and phosphorylation-dependent degradation of growth hormone receptor in human IM-9 cells, 1994年04月, Y.Saito, R.Teshima, T.Yamazaki, H.Ikebuchi, J.Sawada, Mol. Cell. Endocrinol., 106, 67 - 74
  • Preparation of monoclonal antibodies for immuno- blotting of human growth hormone receptor and growth hormone-binding protein, 1994年04月, Y.Saito, T.Yamazaki, K.Suzuki, H.Ikebuchi, A.Asakura, Y.Ota, J.Sawada, T.Terao, Biol. Pharm. Bull., 17, 983 - 986
  • Molecular and biochemical analyses of combining sites of monoclonal anti-morphine antibodies, 1993年04月, J.Sawada, T.Yamazaki, T.Terao, Mol. Immunol., 30, 77 - 86
  • 天然及び合成オーキシンの植物培養細胞への吸収と残留ヨウシュヤマゴボウカンゾウセイヨウアカネの培養細胞について, 1992年04月, 佐藤恭子岩上敏合田幸広山崎壮米谷民雄義平邦利, 食品衛生学雑誌, 33, 157 - 163
  • Examination of steviol glucosides production by hairy root and shoot cultures of Stevia rebaudiana, 1991年04月, T.Yamazaki, H.E.Flores, K.Shimomura, K.Yoshihira, J.Natural Products, 54, 986 - 992
  • Lippia dulcis shoot cultures as a source of the sweet sesquiterpene hernandulcin, 1991年04月, M.Sauerwein, H.E.Flores, T.Yamazaki, K.Shimomura, Plant Cell Reports, 9, 663 - 666
  • Hernandulcin in hairy root cultures of Lippia dulcis, 1991年04月, M.Sauerwein, T.Yamazaki, K.Shimomura, Plant Cell Reports, 9, 579 - 581
  • Characterization of contaminants in EMS-associated L-tryptophan samples by high-performance liquid chromatography, 1991年04月, T.Toyo’oka, T.Yamazaki, T.Tanimoto, K.Sato, M.Toyoda, M.Ishibashi, K.Yoshihira, M.Uchiyama, Chem.Pharm.Bull., 39, 820 - 822
  • In vitro effects of synthetic dyes on the synthesis of prostaglandin E2 (PGE2) and 5-Hydroxyeicosatetraenoic acid (5-HETE), 1991年04月, K.Yoshihira, Y.Kawasaki, T.Yamazaki, Y.Goda, T.Maitani, J.Pharmacobio-Dyn., 14, 327 - 334
  • 培養根と母植物根への金属の取り込みの比較?セイヨウアカネ及びカンゾウについて?, 1991年04月, 佐藤恭子合田幸広山崎壮米谷民雄義平邦利, 食品衛生学雑誌, 32, 538 - 542
  • グレープフルーツ中のチアベンダゾール(TBZ)の分析, 1991年04月, 山田隆, 武田由比子, 川崎洋子, 山本都, 山崎壮, 義平邦利, 鈴木隆, 斉藤行生, 衛生試験所報告, 109, 100 - 105
  • Anthraquinone production by transformed root cultures of Rubia tinctorum: influence of phytohormones and sucrose concentration, 1991年04月, K.Sato, T.Yamazaki, E.Okuyama, K.Yoshihira, K.Shimomura, Phytochemistry, 30, 1507 - 1509
  • イオンクロマトグラフィーによるワイン中のフェロシアン化物の分析, 1991年04月, 義平邦利合田幸広橋本恭介山崎壮山田隆, 食品衛生学雑誌, 32, 559 - 563
  • Liquid chromatographic determination of melamine in beverages, 1987年04月, H.Ishiwata, T.Inoue, T. Yamazaki, K. Yoshihira, J.Assoc.Off.Anal.Chem., 70, 457 - 460
  • リン酸塩製剤処理によるサツマイモ表皮の赤味増強について, 1986年04月, 山崎壮, 尾張恭子, 川崎洋子, 山田隆, 義平邦利, 衛生試験所報告, 104, 154 - 157
  • Analysis of residual vulcanization accelerators in baby bottle rubber teats, 1986年04月, T.Yamazaki, T.Inoue, T.Yamada, A.Tanimura, Food Additives and Contaminants, 3, 145 - 152
  • 国際標準化機構法による食品用器具および容器からの重金属等の溶出, 1985年04月, 石綿肇, 井上たき子, 山崎壮, 山本都, 酒井綾子, 山田隆、谷村顕雄, 衛生試験所報告, 103, 154 - 157
  • 塩ビ食品衛生協議会が提案したポリ塩化ビニル製容器包装中のジブチルスズ化合物のガスクロマトグラフィーによる試験法の検討, 1984年04月, 山崎壮, 石綿肇, 谷村顕雄, 衛生試験所報告, 102, 129 - 134
  • たらこの亜硝酸処理とニトロソアミンの量について, 1984年04月, 川崎洋子, 山崎壮, 山本都, 山田隆, 谷村顕雄, 衛生試験所報告, 102, 134 - 137
  • Fractionation of mouse cytotoxic T cells by use of lectins, 1983年04月, T.Yamazaki, Y.Imai, Y.Oguchi, T.Nakano, T.Osawa, Carbohydrate Res., 120, 269 - 281
  • Identification of alkyldiacylglycerols containing saturated methyl branched chains in the Harderian gland of guinea pig, 1981年04月, T.Yamazaki, Y.Seyama, H.Otsuka, H.Ogawa, and T.Yamakawa, J. Biochem., 89, 683 - 691
  • Consecutive analysis of sphingoglycolipids on the basis of sugar and ceramide moieties by high performance liquid chromatography, 1979年04月, T.Yamazaki, A.Suzuki, S.Handa, and T.Yamakawa, J. Biochem., 86, 803 - 809

著書等出版物

  • 食品安全ハンドブック, 2010年04月, 山崎壮, 丸善, 335 - 338
  • 食品添加物活用ハンドブックI食品添加物実用必須知識編, 2009年04月, 山崎壮, 産業調査会事典出版センター, 26 - 36
  • 第8版食品添加物公定書解説書, 2007年04月, 編集委員として、企画および原稿の査読・補筆を担当, 廣川書店
  • 食品安全の事典, 2007年04月, 佐藤恭子、高橋仁一、丸山進平、山崎壮, 朝倉書店, 343 - 355
  • 第6版食品添加物公定書解説書, 1992年04月, 15品目の解説を担当, 廣川書店
  • 第5版食品添加物公定書解説書, 1987年04月, 15品目の解説を担当, 廣川書店
  • 続生化学実験講座第3巻膜脂質と血漿リポタンパク質(上), 1986年04月, 山崎壮、脊山洋右, 日本生化学会編、東京化学同人, 68 - 80
  • 医薬品各条の改正点?①名称.構造式等, 2011年04月, 山﨑 壮,宮田直樹, 薬局, 92 - 98
  • 食品の抗酸化能評価法, 2010年04月, 石川洋哉,松本清,受田浩之,島村智子,松藤寛,山崎壮, FFIジャーナル, 5 - 16
  • 食品添加物における重金属およびヒ素規格の国際整合, 2007年04月, 山崎壮, 月刊フードケミカル2007年5号, 28 - 31
  • 医薬品日本名の改正について, 2006年04月, 宮田直樹,山崎壮, 薬局, 2115 - 2132
  • 遺伝子組換え微生物を利用して製造された食品添加物の安全性評価, 2005年04月, 山崎壮, 食品と開発, 17 - 19
  • 遺伝子組換え食品安全性評価基準(各論)遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物, 2004年04月, 山崎壮, 食品衛生研究, 19 - 22
  • ヒト型モデル動物, 2002年11月, 井上達,野田哲生,野本明男編、五十嵐勝秀訳、山崎壮校閲, シュプリンガー・フェアラーク東京
  • プリオン病を知るための情報ガイド, 2002年04月, 山崎壮, 食品衛生学雑誌, 185 - 190
  • 抗体工学を用いる新しい抗体の放射性標識法の開発に関する研究, 1998年04月, 山崎壮, 中島治, 斎藤嘉朗, 蜂須賀暁子, 田中東一, 澤田純一, 平成9年度国立機関原子力試験研究成果報告書第38集
  • 抗体工学を用いる新しい抗体の放射性標識法の開発に関する研究, 1997年04月, 山崎壮, 中島治, 斎藤嘉朗, 蜂須賀暁子, 田中東一, 澤田純一, 平成8年度国立機関原子力試験研究成果報告書第37集
  • 可溶性受容体の生成機構及びその応用に関する研究, 1997年04月, 澤田純一, 山崎壮, 池渕秀治, 斎藤嘉朗, 中島治, 平成8年度創薬科学 総合研究事業報告書
  • 神経系機能分子の同定技術及び生理機能の解析技術の開発, 1997年04月, 澤田純一, 山崎壮, 蜂須賀暁子, 中島治, 平成8年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 可溶性受容体の生成機構及びその応用に関する研究, 1996年04月, 澤田純一, 池渕秀治, 山崎壮, 中島治, 斎藤嘉朗, 平成7年度創薬科学総合研究事業報告書
  • 神経系機能分子の同定技術及び生理機能の解析技術の開発, 1996年04月, 澤田純一, 山崎壮, 中島治, 蜂須賀暁子, 斎藤嘉朗, 笠原忠, 平成7年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 抗体工学を用いる新しい抗体の放射性標識法の開発に関する研究, 1996年04月, 山崎壮, 中島治, 斎藤嘉朗, 蜂須賀暁子, 澤田純一, 平成7年度国立機関原子力試験研究成果報告書第36集
  • 乱用薬物基礎研究「モルヒネ含有生体試料の直接注入分析法の開発及びオピオイド結合タンパクの性質に関する研究」(平成2-6年度報告), 1996年04月, 蜂須賀暁子, 和田幾江, 山崎壮, 澤田純一, 衛生試験所報告, 214 - 215
  • 抗体工学を用いる新しい抗体の放射性標識法の開発に関する研究, 1995年04月, 山崎壮, 中島治, 斉藤嘉朗, 蜂須賀暁子, 澤田純一, 平成6年度国立機関原子力試験研究成果報告書第35集
  • 糖鎖検出プローブの開発に関する研究, 1995年04月, 澤田純一, 山崎壮, 斎藤嘉朗, 中島治, Lubna Huq, 平成6年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 成長ホルモン受容体の細胞下動態に関する研究, 1995年04月, 澤田純一, 山崎壮, 池渕秀治, 斎藤嘉朗, 中島治, 平成6年度創薬科学総合研究事業報告書
  • オピオイドレセプターの構造と機能の解明に関する研究, 1995年04月, 澤田純一, 山崎壮, 蜂須賀暁子, 中島治, 平成6年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 成長ホルモン受容体の細胞下動態に関する研究, 1994年04月, 澤田純一, 池渕秀治, 山崎壮, 斎藤嘉朗, 平成5年度創薬科学 総合研究事業報告書
  • 特別研究報告 「生体関連指標の 有意性判定に関する研究(第II 期)」 シクロスポリンA投与ラットを用いた免疫毒性試験のための免疫機能試験の検討(平成3-5年度報告), 1994年04月, 斎藤嘉朗, 蜂須賀暁子, 手島玲子, 山崎壮, 池渕秀治,澤田純一, 衛生試験所報告, 2991 - 30
  • オピオイドレセプターの構造と機能の解明に関する研究, 1994年04月, 澤田純一, 山崎壮, 蜂須賀暁子,宮田直樹, 平成5年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 糖鎖検出プローブの開発に関する研究, 1994年04月, 澤田純一, 山崎壮, 斎藤嘉朗, Lubna Huq, 平成5年度ヒューマンサイエンス基礎研究委託事業研究報告書
  • 薬物レセプターの新簡易アフィ ニテイラベル法の開発研究, 1993年04月, 斎藤嘉郎, 蜂須賀暁子, 手島玲子, 山崎壮, 澤田純一,鈴木和博, 高橋惇, 平成4年度国立機関原子力試験研究成果報告書第33集
  • オピオイドレセプターの構造と機能の解明に関する研究, 1993年04月, 澤田純一, 山崎壮, 蜂須賀暁子,宮田直樹, 栗原正明, 内野正, 平成4年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • シクロスポリンA投与ラットを用いた免疫毒性試験法の検討.免疫毒性国際共同研究第II期研究報告, 1993年04月, 落合敏秋, 内藤克司, 村上浩, 大野圭子, 関田清司, 降矢強, 黒川雄二, 松本清司, 斎藤嘉朗,蜂須賀暁子, 手島玲子, 山崎壮, 池渕秀治, 澤田純一, 衛生試験所報告, 91 - 99
  • オピエートレセプター等の分離精製技術の開発に関する研究, 1992年04月, 澤田純一, 山崎壮, 石上暁子, 平成3年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業委託研究報告書
  • 薬物レセプターの新簡易アフィニテイラベル法の開発, 1992年04月, 山崎壮, 斎藤嘉郎, 石上暁子, 澤田純一, 鈴木和博, 高橋惇, 平成3年度国立機関原子力試験研究成果報告書第32集
  • “Characterization of contaminants in EMS-associated L-tryptophan samples by high performance liquid chromatography.” Proceedings of the research in Health and Welfare MHW, 1992年04月, T.Toyo’oka, T.Yamazaki, T.Tanimoto, K.Sato, M.Sato, M.Toyoda, M.Ishabashi, K.Yoshihira and M.Uchiyama, Investigation of the causal mechanisms of eosinophilia myalgia syndrome (EMS) associated with L-tryptophan products
  • 標識化合物を利用する食品汚染物の分析法の開発研究(3)植物組織培養において培地に添加した植物ホルモンの培養物中の残留に関する研究, 1988年04月, 義平邦利、川崎洋子、山崎壮、合田幸広、佐竹元吉、下村講一郎、池田嘉代、北沢尚, 国立研究機関原子力試験研究成果報告書第26集(昭和62年)?第29集(平成2年)
  • 植物組織培養細胞中の微量金属含量について, 1987年04月, 山崎壮, 義平邦利, 植物組織培養, 95 - 96
  • 標識化合物を用いた各種添加物の安全性試験法の開発に関する研究, 1986年04月, 義平邦利、山田隆、川崎洋子、山崎壮、武田明治、木嶋敬二、斎藤恵美子、寺尾允男、末吉祥子、高仲正、藤森観之助溝上敬之助、大野泰雄, 国立機関原子力試験研究成果報告書 第24集(昭和60年)?第28集(平成元年)
  • Gangliosides, 1980年04月, 山崎壮, 生化学, 981

講演・発表

  • 黄色タマネギ乾燥外皮の黄色色素の形成における酸化過程の必須性, 2012年03月, 発表者:伊藤裕才,坂本祐実,山崎壮,穐山浩, 日本農芸化学会2012年度大会
  • 黄色タマネギ乾燥外皮由来の新規キサンチリウム色素の単離および構造決定, 2012年03月, 発表者:坂本祐実,伊藤裕才,佐野明,山崎壮,穐山浩, 日本農芸化学会2012年度大会
  • 各種抗酸化物のトコフェロール類に対する併用効果の解析, 2012年03月, 発表者:山元涼子,石川洋哉,藤原幸江,受田浩之,山崎壮,松井利郎, 日本農芸化学会2012年度大会
  • qNMRを用いた生薬成分の定量, 2011年12月, 発表者:永津明人,山崎満里奈,仁田朱音,長谷部裕子, 田中理恵,水上元,羽佐田桂子,山崎壮,杉本直樹,西村哲治, 第40回生薬分析シンポジウム
  • 公定書新規収載既存添加物の鉛試験法・ヒ素試験法の検討, 2011年11月, 発表者:山崎壮,関口若菜,秋山卓美,多田敦子,伊藤裕才,石附京子,河村葉子,穐山浩, 第48回全国衛生化学技術協議会年会
  • 公定書新規収載既存添加物の規格試験案の検証, 2011年11月, 発表者:秋山卓美,関口若菜,山崎壮,河村葉子,穐山浩, 第48回全国衛生化学技術協議会年会
  • 既存添加物γ-オリザノールの公定書規格試験法の検討, 2011年11月, 発表者:多田敦子,山崎壮,河村葉子,穐山浩, 第48回全国衛生化学技術協議会年会
  • 既存添加物植物性ステロールの公定書規格試験法の検討, 2011年11月, 発表者:石附京子,多田敦子,山崎壮,河村葉子,穐山浩, 第48回全国衛生化学技術協議会年会
  • The analytical elucidation of yellow-orange pigments from the dried outerscales of yellow onion Allium cepa (黄色タマネギAllium cepaの乾燥外皮から得られた褐色色素の解明), 2011年10月, 発表者: Ito, Y., Sakamoto, Y., Yamazaki, T., Akiyama, H., 5th International Conference on Polyphenols and Health (Barcelona, Spain)
  • 既存添加物α-アミラーゼのタンパク質分解酵素処理を利用した分類, 2011年09月, 発表者:秋山卓美,山崎壮,穐山浩, 第102回日本食品衛生学会 学術講演会
  • Development of a quantification method for steviol glycosides in food additives (食品添加物中のステビオール配糖体の定量法の開発), 2011年09月, 発表者:Tada, A., Ishizuki, K., Takahashi, K., Sugimoto, N., Iwamura, J., Mikami, H., Fujita, I., Yamazaki, T., Nishimura, T., Akiyama, H., Kawamura, Y., 125th AOAC Annual Meeting & Exposition(New Orleans, LA, USA)
  • Identification and quantification methods of enzymatically hydrolyzed gums for food additive specifications(食品添加物の規格設定を目的とした酵素分解多糖類の同定法と定量法の開発), 2011年09月, 発表者:Akiyama, T., Sekiguchi, W., Yamazaki, T., Kawamura, Y., Akiyama, H., 125th AOAC Annual Meeting & Exposition(New Orleans, LA, USA)
  • Median effect analysisによる抗酸化成分の併用効果の解析, 2011年07月, 発表者:山元涼子,石川洋哉, 藤原幸江,受田浩之,山崎壮,松井利郎,松本清, 第48回化学関連支部合同大会
  • 定量NMR法による「ベニバナ赤色素」中のcarthaminの定量, 2011年06月, 発表者:吉田貴光,河野桂子,杉本直樹,山崎壮,西村哲治,永津明人,水上元, 日本薬学会東海支部大会
  • qHNMR法による「ベニバナ赤色素」中のcarthaminの定量, 2011年05月, 発表者:河野桂子,吉田貴光,杉本直樹,山崎壮,西村哲治,永津明人,水上 元*, 日本食品化学学会第17回学術大会
  • 既存添加物ブドウ種子抽出物の定量における高分子プロアントシアニジン類の除去方法の開発, 2011年05月, 発表者:伊藤裕才、山崎壮、河村葉子, 日本食品化学学会第17回学術大会
  • ロダン鉄法による酸化防止剤の脂質酸化抑制能の評価, 2011年03月, 発表者:隅倉功大,吉田鉄平,島村智子,柏木丈拡,山崎壮,受田浩之, 日本農芸化学会2011年度大会
  • ジャマイカカシア抽出物から分離されたβ-カルボリン誘導体の変異原性, 2010年11月, 発表者:麻野間正晴,多田敦子,野口昭一郎,小野田絢,高橋和彦,高須清誠,杉本健士,徳山英利,山崎壮,河村葉子,寺田久屋, 日本環境変異原学会第39回大会
  • ステビオシドおよびレバウジオシドA標準品のNMRによる純度測定法の検討, 2010年09月, 発表者:多田敦子,高橋加奈,杉本直樹,石附京子,末松孝子,有福和紀,西村哲治,山崎壮,河村葉子, 第100回日本食品衛生学会学術講演会
  • ステビオール配糖体9種の分析法の検討, 2010年09月, 発表者:多田敦子,石附京子,岩村淳一,三上博久,平尾美子,岡順子,楠本美紀,山名未早希,藤田功,山崎壮,河村葉子, 第100回日本食品衛生学会学術講演会
  • 酸化防止剤の抗酸化活性評価に対するORAC法の適用性について, 2010年09月, 発表者:隅倉功大,山崎壮,柏木丈拡,島村智子,受田浩之, 日本食品科学工学会第57回大会
  • 既存添加物チャ抽出物中のカテキン類定量法の検討, 2010年09月, 発表者:伊藤裕才,大井理江,山崎壮,河村葉子, 第100回日本食品衛生学会学術講演会
  • タマネギ外皮より単離された黄色色素の化学構造, 2010年03月, 発表者:伊藤裕才,山崎壮,河村葉子, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 食品添加物の定量におけるqNMR法の適用について, 2010年03月, 発表者:大槻崇,杉本直樹,多田敦子,建部千絵,末松孝子,有福和紀,山崎壮,佐藤恭子,西村哲治,河村葉子, 日本薬学会第130年会
  • The Chemical Structure of a Yellow Pigment from the Dried Outer Scales ofthe Yellow Onion Allium cepa, 2009年12月, 発表者:Ito, Y., Yamazaki, T., Kawamura, Y., 4th International Conference on Polyphenols and Health
  • 既存添加物クワ抽出物の基原に関する研究, 2009年11月, 発表者:多田敦子,石附京子,山崎壮,河村葉子, 第46回全国衛生化学技術協議会年会
  • 既存添加物酵素の製品間差異と基原, 2009年10月, 発表者:秋山卓美,佐々木亮,山形一雄,棚元憲一,山崎壮,河村葉子, 第98回日本食品衛生学会学術講演会
  • LC/MSによる既存添加物ドクダミ抽出物中の成分の定量と抗酸化活性測定, 2009年10月, 発表者:石附京子,多田敦子,高橋加奈,杉本直樹,松本清,受田浩之,松藤寛,山崎壮,河村葉子, 第98回日本食品衛生学会学術講演会
  • 既存添加物クワ抽出物中の成分と基原の検討, 2009年10月, 発表者:多田敦子,石附京子,小山朗夫,深井俊夫,秋山卓美,山崎 壮,河村葉子, 第98回日本食品衛生学会学術講演会
  • Determination of the Contents of Quercetin glycosides in Natural Food Additives by Quantitative Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy, 2009年09月, 発表者:Tada, A., Sugimoto, N., Takahashi, K., Ishizuki, K., Suematsu, T., Arifuku, K., Saito, T., Ihara, T., Yoshida, Y., Yamazaki, T., Nishimura, Y., Kawamura, Y., 123rd AOAC Annual Meeting
  • Median effect analysisによる酸化防止剤混合系における併用効果の判定, 2009年09月, 発表者:井邊早春,石川洋哉,受田浩之,山崎壮,松井利郎,松本清, 日本食品科学工学会第56回大会
  • Identification of Origins of Food Manufacturing Enzymes, 2009年09月, 発表者:Akiyama, T., Sasaki, R., Yamagata, K., Tanamoto, K., Yamazaki, T., Kawamura, Y., 123rd AOAC Annual Meeting
  • 酸化防止剤混合系におけるDPPHラジカル消去活性測定とMedian effect analysisによる併用効果の判定, 2009年07月, 発表者:井邊早春,石川洋哉,受田浩之,山崎壮,松井利郎,松本清, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • LC/MSを用いた食品中のナイシン分析法の検討, 2009年05月, 発表者:伊藤裕才・山崎壮・佐藤恭子・棚元憲一・河村葉子, 日本食品化学学会第15回学術大会
  • NMR による既存添加物中のquercetin 配糖体の定量, 2009年05月, 発表者:多田敦子,杉本直樹,石附京子,末松孝子,有福和紀,齋藤 剛,井原俊英,吉田雄一,山崎壮,西村哲治,棚元憲一,河村葉子, 日本食品化学学会第15回学術大会
  • ジエチルジチオアセタール化を利用した増粘多糖類構成糖分析法, 2009年03月, 発表者:秋山卓美,山崎壮,棚元憲一, 日本薬学会第129年会
  • qNMRに基づく食用合成色素の新規定量法, 2009年03月, 発表者:建部千絵,杉本直樹,齋藤剛,井原俊英,末松孝子,有福和紀,内海博明,吉田雄一,多田敦子,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一,西村哲治, 日本薬学会第129年会
  • 味認識装置による食品添加物イソアルファー苦味酸および含有苦味成分の測定, 2009年03月, 発表者:多田敦子,石附京子,濱田ひかり,小林義一,山崎壮,棚元憲一, 日本農芸化学会第2009年度大会
  • 食品中のナイシン分析法の検討, 2008年11月, 発表者:伊藤裕才・油井美紀・山崎壮・佐藤恭子・棚元憲一, 第45回全国衛生化学技術協議会年会
  • 酸化防止剤の力価評価に対する各種抗酸化活性評価法の適用性?天然物由来酸化防止剤について?, 2008年09月, 発表者:島村智子,平山大剛,杉本直樹,山崎壮,松井利郎,松本清,受田浩之, 日本食品科学工学会第55回大会
  • LC/MS/MSを用いたイソアルファー苦味酸およびホップ関連製品の分析, 2008年09月, 発表者:石附京子,多田敦子,杉本直樹,山崎壮,棚元憲一, 日本食品衛生学会第96回学術講演会
  • 味認識装置による既存添加物苦味料および関連化合物評価法の検討, 2008年05月, 発表者:多田敦子,杉本直樹,濱田ひかり,小林義和,服部征雄,大塚英昭,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会第14回学術大会
  • 天然抗酸化剤ローズマリー抽出物中の活性成分について, 2008年05月, 発表者:松藤寛,千野誠,山形一雄,杉本直樹,山崎壮,受田浩之,松本清, 日本食品化学学会第14回学術大会
  • 核磁気共鳴に基づく食品添加物の新規定量法の開発, 2008年05月, 発表者:杉本直樹,古庄紀子,建部千絵,末松孝子,内海博明,多田敦子,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会第14回学術大会
  • 既存添加物タマネギ色素における色素生成メカニズムの考察, 2008年05月, 発表者:伊藤裕才,伊藤澄夫*,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会第14回学術大会
  • 1H核磁気共鳴法による香料ピラジン類の定量, 2007年11月, 発表者:古庄紀子,杉本直樹,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一, 第44回全国衛生化学技術協議会年会
  • 既存添加物ダイズサポニンの成分分析, 2007年11月, 発表者:伊藤裕才,山崎壮,広瀬雅雄,棚元憲一, 第44回全国衛生化学技術協議会年会
  • 既存添加物名簿収載の樹脂由来ガムベースの成分・品質に関する研究, 2007年11月, 発表者:秋山卓美,山崎壮,棚元憲一, 第44回全国衛生化学技術協議会年会
  • 炭化水素系ワックスの成分比較, 2007年11月, 発表者:多田敦子,古庄紀子,杉本直樹,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一, 第44回全国衛生化学技術協議会年会
  • ジエチルジチオアセタール化法による増粘多糖類構成糖の分析, 2007年10月, 発表者:秋山卓美,山崎壮,棚元憲一, 日本食品衛生学会第94回学術講演会
  • GC/MSによるエステル系ガムベース確認分析法の検討, 2007年10月, 発表者:石附京子,多田敦子,山崎壮,棚元憲一, 日本食品衛生学会第94回学術講演会
  • 既存添加物ジャマイカカッシア抽出物中の副成分の分析, 2007年10月, 発表者:多田敦子,杉本直樹,秋山卓美,尹永淑,麻野間正晴,山崎壮,棚元憲一, 日本食品衛生学会第94回学術講演会
  • 既存添加物「シコン色素」の成分に関する研究, 2007年10月, 発表者:伊藤裕才,尾登賢一,山形一雄,山崎壮,棚元憲一, 日本食品衛生学会第94回学術講演会
  • Application of quantitative nuclear magnetic resonance spectroscopy to determination of the contents of Food Additives, 2007年09月, 発表者:Sugimoto, N., Furusho, N., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., 121st AOAC Annual Meeting
  • 酸化防止剤の力価に対する各種抗酸化活性測定法の適用について, 2007年09月, 発表者:松浦理太郎,徳田貴志,杉本直樹,山崎壮,松藤寛,松井利郎,松本清,島村智子,受田浩之, 日本食品科学工学会第54回大会
  • タマネギ色素の色素成分の単離と構造決定, 2007年05月, 発表者:伊藤裕才,杉本直樹,張慧利,伊藤澄夫,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会第13回学術大会
  • 各種抗酸化活性評価法による酸化防止剤の力価評価, 2007年03月, 発表者:松浦理太郎,徳田貴志,杉本直樹,山崎壮,島村智子,受田浩之, 日本農芸化学会2007年度大会
  • 味認識装置による食品添加物苦味料および関連苦味化合物の測定, 2007年03月, 発表者:多田敦子,杉本直樹,濱田ひかり,小林義和,山崎壮,棚元憲一, 日本薬学会第127年会
  • 1H核磁気共鳴法によるポリソルベートの定量, 2006年11月, 発表者:杉本直樹,古庄紀子,四方田千佳子,佐藤恭子,山崎壮,棚元憲一, 第43回全国衛生化学技術協議会年会
  • Quantification of wax esters in jojoba wax used as a food additive in Japan by LC/MS/MS, 2005年12月, 発表者:Tada, A., Sugimoto, N., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Pacifichem 2005
  • Application of liquid chromatography-nuclear magnetic resonance (LC-NMR)to the identification of ethyldimethylpyrazine, a food flavoring agent., 2005年12月, 発表者:Sugimoto, N., Yomota, C., Furusho, N., Sato, K., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Pacifichem 2005
  • Biosynthesis of phyllodulcin in Hydrangea macrophylla var. thunbergii., 2005年12月, 発表者:Akiyama, T., Arai, T., Liu, M.-H., Yoshimatsu, K., Kunugi, A., Shibuya, M., Ebizuka, Y., Yamazaki, T., Tanamoto, K., Pacifichem 2005
  • テルペノイド系ガムベースの成分と試験法に関する研究, 2005年10月, 発表者:秋山卓美,多田敦子,杉本直樹,山崎壮,棚元憲一,林歩美,尹永淑,功刀彰, 日本食品衛生学会第90回学術講演会
  • エステル系ガムベースの成分と試験法の検討, 2005年10月, 発表者:多田敦子,秋山卓美,杉本直樹,山崎壮,棚元憲一,増田愛乃,山形一雄, 日本食品衛生学会第90回学術講演会
  • クチナシ黄色素中の微量色素, 2005年04月, 発表者:杉本直樹,植草義徳,佐藤恭子,尹永淑,功刀 彰,山崎壮,棚元憲一, 日本食品化学学会第11回学術大会
  • アマチャ形質転換体を用いた甘味物質phyllodulcin生合成酵素の同定と高生産の試み, 2005年03月, 発表者:秋山卓美,新井隆浩,吉松嘉代,山崎壮,棚元憲一, 日本薬学会第125年会
  • 酵素反応を用いた水溶性クルクミン配糖体の合成, 2004年03月, 発表者:秋山卓美,神永靖久,杉本直樹,永津明人,山崎壮,水上元,米谷民雄, 日本薬学会第124年会
  • 天然増粘安定剤キダチアロエ抽出物の成分分析, 2003年10月, 発表者:磯朝枝,杉本直樹,佐藤恭子,山崎壮,石橋邦子,棚元憲一, 日本食品衛生学会第86回学術大会
  • 天然添加物の抗酸化活性の評価, 2003年06月, 発表者:杉本直樹,井上かおり,山崎壮,棚元憲一,米谷民雄,尹永淑,中島裕希,功刀彰, 日本食品化学学会第9回学術大会
  • Preparation of standard prion protein for immunoassay of abnormal isoformof prion protein, 2003年03月, Takeshi Yamazaki, Yutaka Kikuchi, International Workshop on Current Knowledge of TSE
  • テンリョウチャ抽出物の加水分解型タンニンについて, 2002年06月, 発表者:杉本直樹, 山崎壮, 米谷民雄,菊地博之, 井上かおり, 大田昌紀, 松藤寛, 千野誠, 武田明治, 日本食品化学学会第8回学術大会
  • Acid stable carmine(耐酸性コチニール)の化学構造, 2001年06月, 発表者:杉本直樹,佐藤恭子,山崎壮,米谷民雄,青木宏光,市 隆人,香田隆俊, 日本食品化学学会第7回学術大会
  • テンリョウチャ抽出物の成分分析, 2001年06月, 発表者:菊地博之,杉本直樹,井上かおり,千野誠,松藤寛,武田明治,山崎壮,米谷民雄, 日本食品化学学会第7回学術大会
  • プリオン感染と検出法, 2001年03月, 発表者:山崎壮, 日本薬学会第121年会
  • 抗ペプチド抗体を用いたプリオン蛋白質の高感度検出法の開発, 2001年03月, 発表者:武木田薫,菊池裕,山崎壮,品川森一,高鳥浩介,谷村顕雄,棚元憲一,澤田純一, 日本薬学会第121年会
  • High-level expression of cellular form of prion protein in human glioblastoma cell line T98G(ヒト・グリオーマ細胞株T98Gにおける細胞型プリオンタンパク質の高発現), 2000年11月, 発表者:菊池裕,山崎壮,今沢孝喜,武木田薫,西川秋佳,高鳥浩介,谷村顕雄,棚元憲一,澤田純一, Society for Neuroscience’s 30th annual meeting(神経科学学会第30回年会)
  • OBCAM結合タンパクの探索, 2000年03月, 発表者:中島治、蜂須賀暁子、山崎壮、澤田純一, 日本薬学会第120年会
  • プリオンタンパクのイムノアッセイ法の開発(2)抗体を用いたプリオンタンパクの濃縮法の検討, 2000年03月, 発表者:山崎壮,武木田薫,菊池裕,品川森一,高鳥浩介,谷村顕雄,澤田純一, 日本薬学会第120年会
  • プリオンタンパクのイムノアッセイ法の開発(1)抗PrP抗体の作製及び比較, 2000年03月, 発表者:武木田薫,菊池裕,山崎壮,藤沢正彦,品川森一,高鳥浩介,谷村顕雄,澤田純一, 日本薬学会第120年会
  • 正常プリオンタンパク質のヒト・グリオーマ細胞における細胞内分布の解析, 1999年10月, 発表者:菊池裕,山崎壮,今沢孝喜,武木田薫,西川秋佳,高鳥浩介,谷村顕雄,澤田純一, 第72回日本生化学会大会
  • High-level expression of cellular form of prion protein in human glioblastoma cell line T98G(ヒト・グリオーマ細胞株T98Gにおける細胞型プリオンタンパク質の高発現), 1999年03月, 発表者:菊池裕,山崎壮,高鳥浩介,澤田純一, 1999 Keystone symposia on molecular & cellular biology, Infection of nervous system: host-pathogen interactions(分子生物学および細胞生物学のキーストーンシンポジウム1999,神経系の感染:宿主-病原体相互作用)
  • OBCAM(オピオイド結合性細胞接着分子)の機能解析, 1998年10月, 発表者:蜂須賀暁子,中島治,高木加世子,山崎壮,澤田純一, 第71回日本生化学会大会
  • 一本鎖抗体(ScFv)-メタロチオネイン融合タンパクの大腸菌発現系による調製, 1998年10月, 発表者:山崎壮,中島治,斎藤嘉朗,蜂須賀暁子,田中東一,澤田純一, 第71回日本生化学会大会
  • 正常プリオンタンパク質のヒト・グリオーマ細胞における発現機構, 1998年10月, 発表者:菊池裕,山崎壮,今沢孝喜,武木田薫,西川秋佳,高鳥浩介,谷村顕雄,澤田純一, 第71回日本生化学会大会
  • CHO細胞を用いたOBCAM(オピオイド結合性細胞接着分子)の発現, 1998年10月, 発表者:中島治,蜂須賀暁子,山崎壮,澤田純一, 第71回日本生化学会大会
  • ヒト成長ホルモン結合蛋白放出促進に関与するprotein kinase Cの分子種, 1998年04月, 発表者:齋藤嘉朗,手島玲子,高木加世子,山崎壮,池渕秀治,澤田純一, 日本薬学会第118年会
  • ヒト成長ホルモン結合蛋白放出促進に関与するprotein kinase Cについて, 1997年09月, 発表者:齋藤嘉朗,手島玲子,高木加世子,山崎壮,池渕秀治,澤田純一, 第70回日本生化学会大会
  • OBCAM(オピオイド結合性細胞接着分子)リコンビナント蛋白の調製および抗OBCAM抗体の性質, 1997年03月, 発表者:中島治,蜂須賀暁子,山崎壮,澤田純一, 日本薬学会第117年会
  • ホルボールエステルによるヒト成長ホルモン結合蛋白の放出促進, 1996年08月, 発表者:齋藤嘉朗,手島玲子,山崎壮,池渕秀治,澤田純一, 第69回日本生化学会大会
  • Ligand-induced internalization and phosphorylation-dependent degradationof human growth hormone receptor.(ヒト成長ホルモン受容体の,リガンドによって誘起される細胞内取り込みとリン酸化に依存した分解), 1995年10月, 発表者:斎藤嘉朗,手島玲子,山崎壮,池渕秀治,澤田純一, 9th International Conference of Second Messengers and Phosphoproteins, Nashville, USA(第9回セカンドメッセンジャとリン酸化タンパクに関する国際集会)
  • オピオイド結合タンパク(OBCAM)のcDNAクローニングと大腸菌における発現, 1995年09月, 発表者:中島治,蜂須賀暁子,山崎壮,澤田純一, 第68回日本生化学会大会
  • プロテアーゼによるヒト成長ホルモン結合蛋白の放出, 1995年09月, 発表者:斎藤嘉朗,山崎壮, 池渕秀治,澤田純一, 第68回日本生化学会
  • ヒトIM-9細胞における成長ホルモン結合蛋白の生成機構について, 1995年03月, 発表者:斉藤嘉朗,山崎壮, 池渕秀治,澤田純一, 日本薬学会第115年会
  • オピオイド結合タンパク(OBCAM)のラットにおける発現, 1995年03月, 発表者:蜂須賀暁子,中島治,山崎壮,三森国敏,高橋道人,澤田純一, 日本薬学会第115年会
  • ヒトIM-9細胞における成長ホルモン結合蛋白の生成, 1994年09月, 発表者:斎藤嘉朗,山崎壮, 澤田純一, 第47回日本細胞生物学会大会
  • Opioid-binding cell adhesion molecule (OBCAM)の組織分布, 1994年09月, 発表者:蜂須賀暁子,山崎壮,澤田純一,三森国敏,高橋道人, 井上和秀,高仲正, 第67回日本生化学会大会
  • ヒト成長ホルモン受容体のdown-regulationの機構について, 1994年09月, 発表者:斎藤嘉朗,手島玲子,山崎壮,池渕秀治,澤田純一, 第67回日本生化学会大会
  • オンライン前処理キャピラリー電気泳動法の開発[Ⅱ], 1993年12月, 発表者:森田幾江,蜂須賀暁子,山崎壮,沢田純一, 13回キャピラリー電気泳動シンポジウム
  • ヒトIM-9細胞におけるヒト成長ホルモン受容体のダウンレギュレーション, 1993年11月, 発表者:斎藤嘉朗,山崎壮, 池渕秀治,澤田純一, 第46回日本細胞生物学会大会
  • Capillary electrophoresis with on-line sample pretreatment for the directinjection analysis of biological fluids.(体液の直接注入分析のためのオンライン前処理キャピラリー電気泳動), 1993年08月, 発表者:森田幾江,山崎壮, 澤田純一, The 206th American Chemical Society National Meeting(第206回アメリカ化学会全国大会)
  • オンライン前処理キャピラリー電気泳動法の開発, 1993年05月, 発表者:森田幾江,山崎壮, 澤田純一, 第10回液体クロマトグラフィー春季討論会
  • モノクローナル抗体を用いた成長ホルモン受容体の免疫化学的解析, 1993年03月, 発表者:斎藤嘉朗,山崎壮, 池渕秀治,, 日本薬学会第113年会
  • モノクローナル抗体を用いたオピオイド結合タンパク(DBCAM)の脳内分布の解析, 1993年03月, 発表者:蜂須賀暁子,山崎壮,渋谷淳,三森国敏,高橋道人,澤田純一, 日本薬学会第113年会
  • オピオイド結合タンパク(OBCAM)に対するモノクローナル抗体の調製とその性質, 1992年03月, 発表者:石上暁子,山崎壮, 澤田純一,寺尾允男, 日本薬学会第112年会
  • グレープフルーツ中のチアベンダゾール(TBZ)の分析, 1991年11月, 発表者:山田隆、武田由比子、川崎洋子、山本都、山崎壮、義平邦利、鈴木隆、斎藤行生, 第8回前項衛生化学技術協議会年会
  • 抗成長ホルモン受容体モノクローナル抗体の調製とその性質, 1991年10月, 発表者:斎藤嘉朗,山崎壮, 鈴木和博,池渕秀治,澤田純一,寺尾允男, 第64回日本生化学会大会
  • L-トリプトファンの不純物について(1), 1991年05月, 発表者豊岡利正、山崎壮、谷本剛、佐藤恭子、佐藤道夫、豊田正、武石橋無味雄、義平邦利、内山充, 食品衛生学会第61回学術講演会
  • Production of steviol glucosides by hairy root cultures of stevia (ステビアの毛状根培養によるステビオール配糖体の生産), 1989年06月, 発表者:Takeshi Yamazaki, Hector E. Flores, Annual Meeting of American and Canadian Societies of Plant Physiologists(アメリカ・カナダ植物生理学者学会年会)
  • 天然色素の研究Ⅹ、西洋アカネ(Rubia tinctorum L.)の毛状根培養における植物ホルモン等の影響, 1989年04月, 発表者:佐藤恭子、山崎壮、義平邦利、下村講一郎、鎌田博、小関良宏、中村幹夫, 日本薬学会第109年会
  • ワイン中のフェロシアン化物の分析, 1988年11月, 発表者:山田隆、山崎壮、合田幸広、義平邦利、橋本恭介, 日本食品衛生学会第56回学術講演会
  • 天然色素の研究Ⅰ、アカネ色素原植物の構成成分について, 1987年05月, 発表者:川崎洋子、合田幸広、山崎壮、義平邦利、金天浩、奥山恵美, 日本食品衛生学会第53回学術講演会
  • 天然着色料の突然変異原性及びプロスタグランジン合成系に対する影響について, 1986年05月, 発表者:川崎洋子、合田幸広、山崎壮、義平邦利, 日本食品衛生学会第51回学術講演会
  • 乳首ゴム中のニトロソアミン前駆体の分析?ゴム中の残存加硫促進剤の分析, 1985年05月, 発表者:山崎壮、井上たき子、山田隆、谷村顕雄、義平邦利, 日本食品衛生学会第49回学術講演会
  • たらこの亜硝酸処理とニトロソアミン量について, 1984年05月, 発表者:川崎洋子、山本都、山田隆、谷村顕雄, 日本食品衛生学会第47回学術講演会
  • 担癌マウスから採取したCTLのDBAワクチンによる濃縮, 1983年10月, 発表者:岡田知子、江沢邦夫、山崎壮、豊島聡、大沢利昭, 第42回日本癌学会総会
  • CTL populationsの細胞障害活性とレクチン結合性との関連, 1982年12月, 発表者:山崎壮、今井康之、小口義春、大沢利昭, 第11回日本免疫学会総会
  • レクチンによるcytotoxic T cells (CTL) の分離, 1981年12月, 発表者:山崎壮、中野利昭、今井康之、小口義春、大沢利昭, 第12回日本免疫学会総会
  • モルモットHarder腺中の主要脂質の構造, 1980年07月, 発表者:山崎壮、脊山洋右、大塚英明、山川民夫、小川秀子, 第22回脂質生化学研究会
  • 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による糖脂質の分析, 1978年06月, 発表者:山崎壮、鈴木明身、飯田静夫、浜中(安江)すみ子、山川民夫, 第20回脂質生化学研究会

受賞

  • 山﨑壮, (社)日本食品衛生学会, 功労賞

教育・学生指導

作成教科書・教材

  • 食品衛生管理者登録講習会テキスト, 山﨑壮, 2011年08月

その他教育活動

  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 201108
  • 東京大学教養学部テーマ講義 講師, 201107
  • 平成22年度食品添加物研修会 講師, 201009
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 201008
  • 社)大阪生活衛生協会、大阪産業創造館、大阪市立大学医学部付属病院医薬品・食品効能評価センター主催「食品制度のトレンド研究セミナー」 講師, 200812
  • (財)日本健康・栄養食品協会 平成20年度第1回特定保健用食品講習会 講師, 200807
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 200801
  • 日本油化学会・東北公益文科大学 市民公開講座平成19年度油化学セミナーin酒田「油脂の美味しさと健康」 講師, 200710
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 200708
  • 薬剤師国家試験の作成, 200704
  • 日本食品化学学会第20回食品化学シンポジウム「いわゆる「天然添加物」(既存添加物)の規制をめぐって」のパネルディスカッション パネラー, 200704
  • ifia/HFE OSAKA2006 日本食品化学学会・食品化学新聞社合同シンポジウム「食品添加物の安全・安心」 講師, 200611
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 200508
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 200408
  • 共立薬科大学4年生卒業研究指導, 200304
  • 肝炎等克服緊急対策研究(牛海綿状脳症研究分野)推進事業による、牛海綿状脳症(BSE)ならびにシカに発生した類似疾患についての研究成果情報交流と、リスク評価・リスク管理に必要な今後の研究方策に関するワークショップ, 200303
  • 静岡県立大学大学院薬学系研究科特別講義 講師, 200111
  • 共立薬科大学学内セミナー講演 講師, 200110
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 200108
  • 日本薬学会第121年会 ワークショップ 演者, 200103
  • 食品衛生管理者登録講習会 講師, 199908

学外活動

学協会活動

  • 2009年07月01日, (社)日本分析科学会 表示・基原分析技術研究懇談会
  • 2000年07月01日, (社)日本食品衛生学会
  • 2000年07月01日, 日本食品化学学会
  • 1990年02月01日, (社)日本薬学界
  • 1983年07月01日 - 1991年06月01日, (社)日本食品衛生学会

学外委員等活動

  • 2009年12月 - 2011年11月, 食品衛生学雑誌 編集委員長, (社)日本食品衛生学会
  • 2009年12月 - 2011年11月, 情報委員会副委員長, (社)日本食品衛生学会
  • 2009年06月, 常任理事(編集担当), (社)日本食品衛生学会
  • 2002年04月 - 2008年03月, Journal of Health Science 編集委員, (社)日本薬学会
  • 2001年04月, 評議員, 日本食品化学学会
  • 2000年07月 - 2009年06月, 編集幹事, (社)日本食品衛生学会
  • 2000年07月 - 2009年11月, 食品衛生学雑誌 編集委員, (社)日本食品衛生学会
  • 2000年07月 - 2009年06月, 春期学術講演会実行委員, (社)日本食品衛生学会

社会貢献活動

  • 2012年08月 - 2013年03月, 特定保健用食品審査基準検討事業主任研究員
  • 2012年07月, 内閣府消費者委員会臨時委員(新開発食品調査部会委員)
  • 2010年06月 - 2010年12月, 食品に含まれるトランス脂肪酸に係る食品健康影響評価情報に関する調査検討会委員
  • 2010年05月 - 2013年03月, 厚生労働省医薬食品局食品安全部 第9版食品添加物公定書作成検討会委員
  • 2010年01月 - 2012年07月, 内閣府消費者委員会専門委員(新開発食品評価第一調査会委員)
  • 2007年08月 - 2011年04月, 厚生労働省薬剤師試験委員会委員
  • 2006年06月 - 2007年03月, ユーコープ事業連合 リスク管理委員会 委員
  • 2005年04月 - 2012年07月, (独)国立健康・栄養研究所認定栄養情報担当者認定委員会委員
  • 2004年06月 - 2013年03月, 東洋大学植物機能研究センター評価委員
  • 2004年05月, (独)医薬品衣料機器総合機構専門委員(日本薬局方原案審議委員会医薬品名称委員会及び医薬品名称専門協議)
  • 2003年10月 - 2005年03月, ユーコープ事業連合 リスク評価委員会 委員
  • 2003年09月, 内閣府食品安全委員会専門委員
  • 2003年07月 - 2005年05月, 厚生労働省医薬食品局食品安全部 第8版食品添加物公定書作成検討会委員
  • 2002年02月 - 2003年03月, 厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時委員(食品添加物調査会)
  • 2001年11月 - 2012年05月, 厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時委員
  • 2001年01月 - 2004年03月, 厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時委員(医薬品名称調査会)
  • 1999年11月 - 2000年12月, 厚生省中央薬事審議会臨時委員(医薬品名称調査会)
  • 1992年04月 - 1999年10月, 厚生省中央薬事審議会幹事(日本薬局方調査会名称等委員会)