研究者データベース

織田 弥生
人間社会学科
専任講師
Last Updated :2019/02/08

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    織田 弥生, オダ ヤヨイ

学歴・留学歴

  • 2003年04月, 2007年03月, 東京工業大学, 日本, 人間行動システム専攻
  • 2001年04月, 2003年03月, 聖心女子大学, 日本, 人間科学専攻
  • 千葉大学, 日本, 行動科学科

学位

  • 博士(学術)

職歴

  • 2017年09月, 非常勤講師
  • 2017年04月, 人間社会学部, 専任講師
  • 2015年04月 - 2018年03月, 理学部, 訪問研究員
  • 2016年10月 - 2017年03月, 非常勤講師
  • 2016年10月 - 2017年03月, 非常勤講師
  • 2012年04月 - 2015年03月, 博士研究員
  • 2011年04月, 非常勤講師
  • 2011年10月 - 2012年03月, 非常勤講師
  • 2007年04月 - 2012年03月, 特別研究員
  • 2008年04月 - 2011年09月, 非常勤講師
  • 2007年04月 - 2010年09月, 非常勤講師
  • 2004年10月 - 2010年09月, 非常勤講師
  • 2008年10月 - 2009年11月, 非常勤講師
  • 2007年10月 - 2008年03月, 非常勤講師
  • 2005年04月 - 2008年03月, 非常勤講師
  • 2006年06月 - 2006年09月, 非常勤講師
  • 2002年10月 - 2004年09月, 非常勤講師
  • 2001年03月

セルフプロモーション

研究分野

  • 実験心理学

研究・創作

論文

  • 感情・覚醒チェックリストの作成と信頼性・妥当性の検討, 2015年02月, 心理学研究, 85, 6, 579 - 589
  • Psychological and salivary cortisol responses to an improvised speech without an audience: comparison to a rest condition, 2013年12月, Psychologia, 56, 4, 259 - 270
  • A model of the relationship between psychosocial variables and diurnal cortisol rhythm under chronic stress by using structural equations., 2007年01月, Behaviormetrika, 34, 1
  • Influences of premenstrual syndrome on psychophysiological responses to acute stress., 2007年09月, Psychologia, 50, 3, 192 - 202
  • 月経前症候群(PMS)が日常の心理状態及び唾液中コルチゾールに与える影響, 2005年12月, 心理学研究, 76, 5, 426 - 435
  • 化粧行為の生理心理的効果, 2002年07月, 心理学評論, 45, 61 - 73
  • 就労者の唾液中・尿中コルチゾール標準値作成の試みとその有用性の検討-高速液体クロマトグラフィーを用いて-, 2000年12月, 人間工学, 36, 287 - 297
  • 一過的な作業負荷によるストレス評価質問紙の項目と利用方法の検討, 1999年08月, 人間工学, 35, 259 - 270
  • 研究職従事者における家事労働と心理的ストレス, 1996年02月, 経営行動科学, 10, 2, 111 - 119
  • 子供を持つ女性の労働負担に関する生理心理学的調査, 1995年07月, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 37, 4, 245 - 252

著書等出版物

  • 人間計測ハンドブック, 2003年, 朝倉書店
  • 化粧心理学, 1993年, フレグランスジャーナル社

講演・発表

  • 感情・覚醒チェックリスト(EACL)による「ここ1カ月の心理状態」の測定の検討, 2018年11月, 織田弥生, 日本感情心理学会第26回大会, 東洋大学
  • 販売員の対応および接客タイミングが販売員・店舗評価や購買意図に及ぼす影響, 2017年09月, 上市秀雄・渡辺涼介・織田弥生・岡田幸彦, 日本心理学会第81回大会, 久留米大学
  • Frequency of grooming the eyebrows and cosmetic consciousness in men., 2016年07月, Oda, Y., Ueichi, H., & Kikuchi, K., 31st International Congress of Psychology
  • 感情・覚醒チェックリスト(EACL)の利用可能性の検討-ここ1カ月の心理状態の再検査信頼性-, 2015年09月, 織田弥生・菊地賢一, 日本心理学会第79回大会, 名古屋大学
  • 慢性ストレスの変化がコルチゾールリズムに与える影響―個人内変化による検討―, 2014年09月, 織田弥生・上市秀雄・菊地賢一 , 日本心理学会第78回大会, 同志社大学
  • メーキャップとスキンケアに関する意識の男女比較-自由記述による検討-, 2013年09月, 織田弥生・上市秀雄・菊地賢一, 日本心理学会第77回大会, 北海道医療大学
  • 短期的・長期的心理状態を測定可能な情動・覚醒質問紙の作成(4)-再検査信頼性の検討- , 2012年09月, 織田弥生・高野ルリ子・阿部恒之・菊地賢一, 日本心理学会第76回大会, 専修大学
  • 短期的・長期的心理状態を測定可能な情動・覚醒質問紙の作成(3)-妥当性の検討(2)-, 2011年09月, 織田弥生・高野ルリ子・阿部恒之, 日本心理学会第75回大会, 日本大学
  • 犯罪被害経験の想起が防犯意識に及ぼす影響-直接的被害体験と間接的被害体験の比較-, 2009年08月, 栗山直子・寺井あすか・織田弥生・上市秀雄・楠見孝, 日本心理学会第73回大会, 立命館大学
  • 短期的・長期的心理状態を測定可能な情動・覚醒質問紙の作成(2)-妥当性の検討, 2009年08月, 織田弥生・高野ルリ子, 日本心理学会第73回大会, 立命館大学
  • 短期的・長期的心理状態を測定可能な情動・覚醒質問紙の作成-確認的因子分析による検討-, 2008年09月, 織田弥生・高野ルリ子, 日本心理学会第72回大会, 北海道大学
  • The effect of an audience on cortisol response to a speech task., 2008年08月, Oda, Y. & Endo, K., 29th International Congress of Psychology, Berlin, Germany
  • 精神神経内分泌免疫学におけるコルチゾール研究の最前線(ワークショップ,話題提供者), 2007年09月, 磯和勅子・大平英樹・長野祐一郎・山田クリス孝介・織田弥生・堀弘明・永岑光恵, 日本心理学会第71回大会
  • 慢性ストレスが一過性ストレス反応に与える影響-コルチゾール,心拍変動,脳波を指標として-, 2007年09月, 織田弥生・平工志穂・小谷泰則・石井源信・中川正宣, 日本心理学会第71回大会, 東洋大学
  • The construction of a model of skincare behavior in Japanese men by using structural equations., 2007年, Oda, Y., Kitazawa, M., & Ueichi, H., The 72nd Annual Meeting of the Psychometric Society, Tokyo, Japan
  • 一過性ストレス課題による前頭部脳波の偏側性の検討―課題による変化および慢性ストレスとの関連について―, 2006年11月, 織田弥生・平工志穂・小谷泰則・石井源信・中川正宣, 日本心理学会第70回大会, 九州大学
  • 記憶課題における観察者の存在が課題遂行およびERPに及ぼす影響について, 2006年05月, 平工志穂・織田弥生・小谷泰則・石井源信, 日本生理心理学会第24回大会, 広島大学
  • 慢性ストレス状態と日常の生理心理状態の関連の検討, 2005年09月, 織田弥生・石井源信・中川正宣, 日本心理学会第69回大会, 慶應義塾大学
  • 慢性ストレス状態が一過性ストレス反応に与える影響, 2005年05月, 織田弥生・平工志穂・小谷泰則・石井源信・中川正宣, 日本生理心理学会第23回大会, 愛知学院大学
  • 月経周期と月経前症候群(PMS)が一過性ストレス反応に与える影響-心拍変動周波数解析による検討-, 2004年09月, 織田 弥生, 日本心理学会第68回大会, 関西大学
  • The effect of psychosocial variables on diurnal cortisol rhythm., 2004年08月, Oda, Y., Abe, T., Nakamura, M., Tatsuta, A., & Kurihara, T., 28th International Congress of Psychology, Beijing, China
  • 月経周期及び月経前症候群(PMS)が女性の心理状態に与える影響, 2003年09月, 織田 弥生, 日本心理学会第67回大会, 東京大学
  • 月経周期と月経前症候群(PMS)が唾液中コルチゾールに及ぼす影響, 2003年05月, 織田弥生・川上清文・白土なほ子, 日本生理心理学会第21回大会, 筑波大学
  • ストレスホルモンに対する勤務負担の影響について, 2001年11月, 織田弥生・阿部恒之, 日本心理学会第65回大会, 筑波大学
  • 睡眠不足が唾液中コルチゾールに及ぼす影響-サーカディアンリズムの変化-, 2000年11月, 織田弥生, 日本心理学会第64回大会, 京都大学
  • 個人内慢性ストレスレベルの評価手法の開発(3)生化学指標の日内変動を中心として, 1999年09月, 寺下裕美・大須賀美恵子・平澤宏祐・織田弥生・阿部恒之, 日本心理学会第63回大会, 中京大学
  • 就労者のストレスと唾液中コルチゾールについて, 1999年09月, 織田弥生・阿部恒之・中村実・龍田周・小泉祐貴子, 日本心理学会第63回大会, 中京大学
  • 個人内慢性ストレスレベルの評価手法の開発(2)生理指標・生化学指標による検討, 1998年10月, 寺下裕美・大須賀美恵子・織田弥生・阿部恒之, 日本心理学会第62回大会, 東京学芸大学
  • 職場のストレスと情動・ホルモンの関連について, 1998年10月, 織田弥生・阿部恒之・中村実・龍田周・小泉祐貴子, 日本心理学会第62回大会, 東京学芸大学
  • 緊張作業ストレスの指標化の試み, 1997年09月, 石川恵子・源野広和・大須賀美恵子・織田弥生・西尾恭幸・鈴木まや, 第12回生体・生理工学シンポジウム, 東京
  • 心拍,呼吸,血圧を用いた作業ストレスの評価, 1997年09月, 下野太海・大須賀美恵子・平尾直靖・源野広和・石川恵子・鈴木まや・織田弥生・西尾恭幸, 第12回生体・生理工学シンポジウム, 東京
  • 職場のストレッサーを測定する質問紙の作成, 1997年09月, 織田弥生・阿部恒之・高野ルリ子, 日本心理学会第61回大会, 関西学院大学
  • 個人内慢性ストレスレベルの評価手法の開発-唾液中IgAによる検討, 1997年06月, 寺下裕美・大須賀美恵子・織田弥生・阿部恒之, 第25回日本バイオフィードバック学会総会, 兵庫
  • 情動と覚醒を評価するための質問紙の作成, 1996年10月, 織田弥生・高野ルリ子, 日本心理学会第60回大会, 立教大学
  • 心拍,呼吸,血圧を用いた単調作業ストレスの評価, 1996年10月, 下野太海・大須賀美恵子・寺下裕美・戸田真美子・源野広和・石川恵子・鈴木まや・織田弥生・西尾恭幸, 第12回ヒューマン・インターフェース・シンポジウム, 横浜
  • ビデオによる情動の変化(1)主観反応及び表情の測定, 1995年10月, 織田弥生・阿部恒之・高野ルリ子・Higashi, L.・福岡正和, 日本心理学会第59回大会, 琉球大学
  • ビデオによる情動の変化(2)副腎ホルモンを中心とした生理反応の測定, 1995年10月, 阿部恒之・織田弥生・高野ルリ子・Higashi, L.・福岡正和, 日本心理学会第59回大会, 琉球大学
  • ストレス認知特性とストレス反応の関連について―副腎ホルモンを中心として―, 1994年10月, 織田弥生,阿部恒之, 日本心理学会第58回大会, 日本大学
  • 講演者のストレスホルモン変化に関する事例研究, 1993年09月, 阿部恒之・織田弥生, 日本心理学会第57回大会, 早稲田大学
  • 職場におけるストレス反応とパーソナリティー特性の関連について, 1993年09月, 織田弥生・川崎道文・矢冨直美・須藤綾子・三木圭一, 日本心理学会第57回大会, 早稲田大学
  • 労働者における家事労働の心理的ストレスについて, 1993年09月, 小泉智恵・矢冨直美・織田弥生・川崎道文, 日本心理学会第57回大会, 早稲田大学
  • Assesment of comfort feeling in response to instrumental music, as judged form the frequency fluctuation in EEG., 1992年, Tagai, K., Oda, Y., and Yoshida, T., XXV International Congress of Psychology, Brussels, Belgium
  • 課題後の音楽聴取時の快適感と脳波のゆらぎ, 1991年05月, 互恵子・織田弥生, 日本生理心理学会第9回大会, 筑波大学

特許

  • 慢性ストレス判定方法及びその装置、記録媒体、判定シート, 中村 実, 福岡 正和, 阿部 恒之, 織田 弥生, 神田 武利, 栗原 武克, 龍田 周, 枚田 祐貴子

受賞

  • 織田 弥生, 織田 弥生, 東京工業大学社会理工学研究科, 研究科長賞(研究論文賞)

競争的資金

  • 慢性ストレスが生体リズムに影響を与えるまでのタイムラグの検討, 織田 弥生, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)
  • リアルタイム場面におけるサービス・インタラクション理論の構築と実証, 上市秀雄, 文部科学省, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
  • 慢性ストレスがヒトの生理心理状態に与える影響とその対処法, 織田 弥生, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)
  • 犯罪不安に関する認知・感情プロセスのモデル化とその応用, 上市秀雄, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)

学外活動

学協会活動

  • 日本感情心理学会
  • 日本心理学会
  • 日本生理心理学会
  • 日本ストレス学会
  • 日本行動計量学会